Loading...

LIVE REPORT



2005.12.30(金)

大阪 PENSEE HALL


パンセホール年末イベント・パンセ紅白歌合戦(55th.Live)


2005年最後のライブは、普段で活動するバンドが男性ボーカル女性ボーカルそれぞれ4バンドずつで紅白歌合戦…
という企画だったが白組の某バンドが土壇場出演キャンセル…。

しかし残りのバンドはBRIAN SLADEのフロント2人によるアコースティックユニット「the SECLET SERVICE」
いつも元気な♀Vo.ジュリちゃん率いる「green piece」、誰もが認める天才歌姫・ゆうみちゃん率いる「太陽花」
名古屋から実力派ハードロックバンド「SHIRLEY TEMPLE」、おなじみモチモチロックスピリッツ「リ☆バース」
そしてトリはパンセ年末といえばこの大御所「未来民」という超豪華ラインナップとなった。

THE BIRD HEADの出番は6番目とラス前。今年は10周年ライブもやったし「パンセといえばバードヘッド」でいくでー!
と思いきや…またもかっちん、1曲目の最初のカウントから大胆にミスるという…とてもパンセ代表とは言えず。
しかし悪かったのはそこだけで「Winding Road」もだいぶこなれてきたのかウケもよく、
Masa新曲「Fly High」も9月以来のプレイ、いつもの熱い曲たちでTHE BIRD HEADらしいステージを展開。2005年の活動を締めた。

ライブ後は毎年恒例のパンセ忘年会。これも大盛り上がりで朝まで続いたのだった。
Turkeyの素晴らしい鍋奉行っぷりで、雑炊が激ウマだったことはここに特筆しておく。

【Set List】
1.ロックンロール・クーデター
2.精神爆弾
3.Winding Road
4.Fly High
5.Rebirth
6.Sunrise  動画あり 
7.獣 道  動画あり 
8.Never Ending Rock'n'Roll


PHOTO


MOVIE



2005.12.4(日)

兵庫 尼崎 Deepa


54th.Live


10周年ライブを終えて3ヶ月、さらに続けるべく尼崎からライブスタート。
尼崎といえば恒例の「商店街散策」。「100万円の阪神ピアノ」やの「開幕前マジック」やの来るたびに

何かしらネタをかましてくれるこの商店街。ここを歩いて鋭気を養ってライブに臨むという…(嘘)

今回も歩いていると福引きが行われているようだった。その横で風船配りをしていたのはなんとあの
「阪神応援戦隊アマレンジャー」!テレビで初めて見た時は大爆笑したっけな…
ダッシュで近寄り一緒に写真撮ってもらった。

おまけに風船までいただいて…Deepaに来た人が気付いたかどうかわからないが、
入口にくくりつけてあったピンクの風船はこの時いただいた風船。
いやーこんなジャストなタイミングで会えるとは…尼崎にライブしに来てよかった。

で、ライブは5時半スタート。トップはイキのいい若い3ピースバンド。THE BIRD HEADは2番目の出演。
3番目のバンドは初ライブのこれまた若いバンドだが、Deepaではいつものこと。しかしその若いバンドのメンバーとそのお客さんたち、
それと4番目出演の俺らと同年代のMeatBallsさんも加わってくれて、ステージを盛り上げてくれた。
もちろん遠くから尼崎までウチを見に来てくれたお客さんも。ありがとうございます!

この尼崎Deepaというライブハウスは、この出演者がライブを盛り上げようとする雰囲気がどこよりも強く、
素晴らしいことだと思う。その熱気に煽られてMeatBallsさんまで一気に盛り上がった。
事情により早く帰らなければならず、最後まではいられなかったのだが、すごく楽しいイベントだった。

バックステージパス


【Set List】
1.ロックンロール・クーデター
2.精神爆弾
3.Winding Road  動画あり 
4.黒い掌
5.Sunrise
6.獣 道
7.Never Ending Rock'n'Roll


PHOTO


MOVIE



2005.9.18(日)

大阪 PENSEE HALL


THE BIRD HEAD 10th.Anniversary


1995年の結成から数えて10年の月日が経った。長いような短いような…。
普段からお世話になっているホームグラウンド・パンセホールで記念イベント開催となった。

普通のライブではなく、THE BIRD HEADならではの企画を盛り込めないか?という思いからイベントの構成をした。
ウチの特徴の1つに対バンを通じて広がった「横のつながりの広さ」がある。その中でも特に繋がりが深いバンドに出演をお願いした。

まず一時期メンバーとして加入してくれたてらちゃん率いる「月天心」
2000年1月にFUZZで対バン以来、YELLOW JACKETSでのドラムサポート事件泉佐野での年末イベント
自身の結成10周年ライブに呼んでくれたバンド「BEAT PRESSURE」
そして結成以前から付き合いがあり、99年6月のイベント「Rock'n'Rollは終わらない」にも出演してくれた
The DonQuixoteの主要メンバーが結成した「初代ガムシャラ」の3バンドに出演打診し、快諾をいただいた。
その上さらに東京から全国を回る熱い男・患者さんからぜひ出演したい!との熱いメールをいただき、このラインナップで開催。

ところが1週間前、BEAT PRESSUREのベーシストSHINちゃんのご家族に不幸があり参加できなくなるというアクシデントにみまわれ、
急遽SuGayがサポートベーシストを務めることに!細かいミスもあったが、とりあえずは無事サポートできました。



そしてTHE BIRD HEADの2つめの特徴に「セッションライブ」がある。
「Rock'n'Rollは終わらない」や今年の4月29日のライブなどに見られるように、オリジナルのアマチュアでありながら
たくさんのミュージシャンがウチの曲のプレイ経験があるという、おそらく全国でも珍しいバンドだと思われる。

そこで、患者さんの代表曲「ハレルヤ」でTHE BIRD HEADがバックを務め、

ウチのラスト2曲「Naked Boy」患者さんがボーカル、ギターに月天心のめんちゃん
初代ガムシャラ・コウジくんを加えトリプルギターにし、ソロを3倍の長さにしてのギターバトル!

「Never Ending Rock'n'Roll」ではBEAT PRESSUREのAnchanをボーカルに迎え、
アンコールも同曲でベースはてらちゃん、おまけにドラムにZAER:BEE:101のくまさん
Souls of JoyのKOZEEさんが乱入するなど大盛りあがりで締めくくった。

記念すべき節目のライブということで花束をいただくシーンも。ありがとうございました!
てらちゃんコーナーあり新曲もあり、1時間を越えるステージと節目にふさわしいライブができたと思う。

これからも頑張って続けていきますのでよろしくお願いします。

【Set List】
1.ロックンロール・クーデター
2.精神爆弾
3.情 熱
4.Break Down
5.Soul Burning
6.Sunrise
7.獣 道
8.Winding Road NEW!
9.Fly High NEW!
10.Naked Boy<Vo.患者 G.めんちゃん(月天心)・コウジ(初代ガムシャラ)>
11.Never Ending Rock'n'Roll<Vo.Anchan(BEAT PRESSURE)B.てらちゃん(月天心)>
en.Never Ending Rock'n'Roll<Dr.くま(ZAER:BEE:101)・KOZEE(Souls of Joy)>


PHOTO



2005.5.22(日)

大阪 PENSEE HALL


THE MOYOK2 BAND復活ライブ(52nd.Live)


約5年前、THE BIRD HEADと共にイベント開催や対バンなど活動していて、
今まで活動休止中だったTHE MOYOK2 BANDが復活ライブをやることになり、THE BIRD HEADも出演を決めていた。

しかし急遽Turkeyが出演できなくなってしまい、助っ人に元メンバーの月天心・てらちゃんにお願いするも前日にケガして出演不可。
大ピンチとなったが4/29のセッションに参加してくれて、今回THE MOYOK2 BANDでベーシストを務めるAkio氏に
「Naked Boy」「Never Ending Rock'n'Roll」の2曲をお願いしたところ快諾を得、
さらに「Rebirthを弾きたい」と嬉しい言葉までいただき急遽やることに。SuGayはベースとギターの二刀流となった。

出番は珍しくトップ。実はリハからSuGayのベースはボロボロでどうしようもなかったが、本番はなんとかまとめる。
ラスト3曲もAkio氏がバッチリ締めてくれて(Naked Boyはこれも珍しくSuGayギターのツイン)盛り上がった。

宮本BAND、香港少年と仲良いバンドが続き、トリにTHE MOYOK2 BAND登場。いきなり漫才からスタートw
ネタになぜかTHE BIRD HEADが出てきたり(仲良いバンドと対バンになるとMCネタにされるのは何故?)
微妙な空気からだんだんウケて盛り上がってくる。

1曲目はなんと「Never Ending Rock'n'Roll」のカバーから。Vo.SuGayも乱入して盛り上がる!
途中アニソン(「六神合体ゴッドマーズ」ってまたマニアックな…)を挟み、
ラストは「Freedom of Crazy」では再びSuGay乱入、大盛り上がりでイベントを締めた。

【Set List】
1.ロックンロール・クーデター
2.Great
3.Frontier
4.Growing Up
5.Rebirth
6.Naked Boy
7.Never Ending Rock'n'Roll


PHOTO



2005.4.29(金)

大阪 PENSEE HALL


公開ライブレコーディング&セッション(51st.Live)


一週間前に諸々の事情で急遽決まったこのライブ。ライブ用のセッティング等考える時間もなかったこともあり、
公開レコーディングということにして、魅せることよりも演奏重視で一発録りしてみようということになった。

それだけじゃおもしろくないかと思い、友達のミュージシャンたちに
「獣道、Naked Boy、Never Ending Rock'n'Roll」の3曲をセッションでやりませんか?というメールを送ってみた。
セッションイベントもしばらくやってないし、時間ないけど1人くらいおったらオモロイかなと思ってたら、
思いの外たくさんの人から参加したいとメールをいただいて、誰が何の曲をやるかで楽屋から盛り上がってきた。

レコ重視ということで、衣裳も普通。SEナシでスタート。1曲1曲切ってMC入れながらの進行といういつもと全く違う、
ある意味ノンビリしたライブ。4曲録って「Frontier」だけバランスが悪すぎてイマイチだったが、他3曲は納得できる出来だった。

そして後半のセッションコーナー、1曲目の「獣道」ベースは月天心・てらちゃん、もう一人のギターにS.O.J.・くぼっち
くぼっちさんは自分のフルセット持参の本気モード。ソロもカッコイイ!てらちゃんはベースソロを4倍の長さに。
もう気の済むまで弾きまくりでこれも圧巻。歌に入るのを忘れるほどだった。

2曲目の「Naked Boy」はボーカルに次の5/22ライブで対バンのTHE MOYOK2 BAND・Mitsuhiro
ギターはさらに月天心・めんちゃんが参加してトリプルギターに。ドラムはKacchanからTurkeyにチェンジというラインナップ。
ギターソロはめんちゃんでこれもカッコよかったが、音が小さかった…もったいない!SuGayギターのセッティングが悪かった。
途中でKacchanが息子の奏楽くんにスティック持たせてシンバルを叩かせていた。めちゃカワイくて親バカになるのもムリないなw

ラスト「Never Ending Rock'n'Roll」はボーカルに、このセッションのキッカケとなる話(「バーヘの曲歌いたい」)を
居酒屋バーチャでSuGayとしていたBEAT PRESSURE・Anchan。ギターはくぼっちさんと交代でREALSKY・Yammy
ベースはTHE MOYOK2 BAND・Akioという贅沢なメンツ。
AkioくんはTurkeyが「コピーさせて」というほどカッコイイベースラインを弾いていた。
予想以上の大盛り上がりで、すごく楽しいライブとなった。

バンドをやっていて、自分のオリジナル曲をやっているのを客席から見られるなんて機会は、そうめったにあるものではない。
曲を覚えててしっかりコピってくれて親しまれているというのは感無量、とても幸せなことだ。バンドを長く続けてよかったと思った。

ほんの思いつき企画がここまでいいイベントに発展するとは…参加者の皆さんのおかげです。感謝!
決まったのが急だったけどお客さんも来てくれて、初めてTHE BIRD HEADを見たという人にも楽しんでもらえたようでよかった。

【Set List】
(公開レコーディング)
1.ロックンロール・クーデター  音源あり 
2.Sunrise  音源あり 
3.Frontier
4.聖 母<マリア>  音源あり 

(ここからセッション)
5.獣 道
6.Naked Boy
7.Never Ending Rock'n'Roll


PHOTO


SOUND